18300m~AKB48まとめブログ~

当ブログではAKB48Gに関するネタや話題、管理人の気になったことを中心に2ちゃんねるやTwitterから紹介していきます。

    AKB48 LIVE!! ON DEMAND

    2018年10月

    d2b7297e
    1: 47の素敵な(東日本) (4級) 2018/09/30(日) 22:27:16.77
    宮脇咲良専任でもIZ*ONEがTWICEを追い越せない理由
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00000012-pseven-ent&p=6

    第一シーズンで選抜されたI.O.Iの頃は、その人気急上昇に便乗して所属事務所が自社グループからのデビューを強行し、
    新曲に参加できないという“事件”も起きました。
    そこで、今回のIZ*ONEでの活動は、前半の一年半を「IZ*ONE専任期間」とし、その後の一年は「兼任可能」と設定されています。
    これを受けて、宮脇咲良、本田仁美、矢吹奈子ら三人のAKBメンバーは、この9月末早々と「二年半のIZ*ONE専任」を発表しました。

    ところが、この専任のニュースと共に、K-POPファンならびっくりするような発表がされました。
    韓国メディアが報じるところによれば、IZ*ONEの活動開始(すなわちデビュー)は2018年10月29日からとされていますが、
    その約一ヶ月後、11月28日に発売されるAKBの54thシングル『NOWAYMAN』の選抜メンバーに、宮脇咲良、本田仁美、矢吹奈子の3人が入ったのです。

    デビューから一ヶ月の活動期間が、『NO WAY MAN』のプロモ期間と重なっています。仮に『NO WAY MAN』の活動にあわせてIZ*ONEのデビューをズラすとしたら、最初の一年半の兼任禁止の契約は有名無実になってしまいます。
    せっかくの「二年半専任」の美談も台無しです。

    【【悲報】IZ*ONE専任は最初の1年半だけで残りの1年は兼任可能だった?模様…【宮脇咲良/矢吹奈子/本田仁美】】の続きを読む

    このページのトップヘ